住宅ローンを利用している人が受けられる
最大の恩恵の1つが確定申告による住宅ローン減税になります。

しかし住宅ローン借り換えで
確定申告を行うとしても
減税対象から外れてしまうことがあるということは、
借り換え前に知っておきたいポイントです。

確定申告をしても減税の対象にならないことも?

住宅ローンを借りて減税の対象となるには、
住宅の新築や改築のときですが、

新築であっても総床面積などに
一定の基準が設けられており、

その基準に外れている場合には
新築の住宅のローンでも
減税の対象とはならないことがあります。

住宅ローン借り換えでも確定申告さえすれば
無条件に減税の対象にはなりません。

借り換えのときに住宅ローン減税の対象となる条件について

住宅ローン借り換えの場合に
確定申告によって減税の対象となるには、
いくつかの条件があります。

まず、新しい住宅ローンが
当初支払っていた住宅ローンの返済の
ためのものであることが明らかである場合です。

これはローン返済以外には利用しないことが大前提で、
レジャー費用とかではなく、間違いなく住宅を
購入するための借り受けであると言う証明です。

次に、新しい住宅ローンは10年以上の
償却期間に及ぶものであることです。

償却期間が10年以上というのが大原則となっています。
そうすると無理して住宅ローン借り換えの期間を短縮するよりも、
借り換えをしない方が良いかもしれません。

確定申告などでわらないことや
不明な点があるれば、一人で悩まずに
ファイナンシャルプランナーなどの
専門家に相談することをおすすめします。