住宅ローン減税とは、
住居を購入した際に、
一定の条件を満たすと、
所得税からいくらかが控除されるしくみのことです。

住居を建てた翌年度の確定申告の時に、
住宅ローン控除の申請書と、
必要な添付書類を税務署に提出すると、
住宅ローン減税を受けられます。

会社員の方は会社で年末調整をしますが、
初年度は税務署に自ら提出しなければならないので、
注意が必要です。

一度提出してしまえば、
来年度からは会社側で精算してもらえます。

添付書類には、
住民票や、登記証明書や、工事請負契約書など、
申請してから手元に届くまでに
時間がかかるものなどがあるので注意が必要です。

また、確定申告は2月の中旬から始まり、
3月の末までに申告しなければなりませんが、
会社で年末調整をしていて、
住宅ローン控除などで還付金のみを求める方は、
2月中旬より前に申請書を出すことができます。

確定申告の申請期間が開始されてからだと、
税務署は混雑を極め、駐車場にも入れないほどになりますし、
早く出せば還付金を受け取る時期も早まりますのでおすすめです。

また、税務署は基本的には平日しか開いていませんが、
2月中旬から3月末までの休日に、
臨時で確定申告の受け取りをするところもあります。