今回は2度住宅ローンを組んだことのある方に
住宅ローンの注意点についてお話を聞きました。

1回目の住宅ローンで新婚の時にマンション購入。
2回目の住宅ローンは実家の建て替えに利用されたそうです。

1回目は新婚で新居を探すときに、
大型マンションが気に入って、
あまり収入が多くなかったようですが、
ローンを組むことができ購入されて

そのマンションは大手銀行さんと
提携している企業が販売する物件だったので、
銀行を選ぶことができなかったようです。

このときを振り返っていただくと
もう少し低い金利の住宅ローンを組めたかもしれないので
金利の比較をしっかりして
ローンを組んだほうが良かったようです。

今はインターネットの情報も充実しているので、
よく調べてローンを組むべきかもしれません。

2回目は、地方銀行でローンを組まれたようです。
実家の建て替えで、銀行の方も家の視察もされて、
担保の問題ないとのことで、
無事に住宅ローンの審査を通されたようです。

金利も非常に安くて良かったようですが、
銀行の担当の方が転勤されてしって、
少し心配さてれいるようです。

10年間は税金の控除があるので
比較的高収入になった現在では
非常に助かっているみたいです。

また1回目の住宅ローンで
購入したマンションも売却しておらず、

賃貸物件として貸しているので、
家賃収入も得られているみたいです。
家賃収入で月々のローンが、
返済されているのでとても満足されています。

ただ当初もっと低い金利で
住宅ローンを組めていれば
さらに余裕を持った生活を送ることができたということです。

住宅ローンを組むときは金利の変動に注意して、
どこでもいいと思わずに、
しっかり調べて組むべきでしょう。